スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京マラソン完走記2

26キロ地点に移動してくれていた仲間には、まだ余裕な顔で手を振って応えました。

そこから数キロ先の浅草雷門を右折するところで、昨年は正面に見えるスカイツリーに心から感動しましたが、今年はなんと言うか、苦しさを紛らわせるための感動の風景となりました。苦しいといっても、心拍は160くらいをキープしていましたので、足が前に出ないといった感じでした。

ところで、東京マラソンに備えて新兵器、腕につけるだけで脈拍が分かるGPSウォッチ、エプソン810Fを購入していたのでした。これは非常によいです!

30キロを過ぎて、かなりしんどくなってきました。周りでは立ち止まる人もだいぶ多くなってきました。とにかく腰の位置を高くして前傾を保ち、推進力のあるフォームを心がけました。絶対に止まらない、歩かないと言い聞かせながら、日本橋から銀座の大通りに出ましたが、ずっと先まで見える景色が辛かったです。

そのころ、思わぬところで私の名前を叫ぶ声が聞こえました。同じ練習会に参加している別の仲間3人が私を発見して、大声で励ましてくれました。これは助かりました。力をいただきました。その応援を力に銀座から東銀座に向かい、35キロを過ぎて最大の難所とされる佃大橋に差し掛かりました。

昨年はここを余裕で駆け抜けた記憶があります。が、今年は足を止めないのが精一杯でした。とにかく足を止めたら、足が攣って動けなくなりそうな感じでした。絶対止めないように足を前に出しました。

で、36キロの佃大橋を上りきったところで、朝から幟を持ってずっと応援してくれている仲間を再度発見!さらにもう一人応援団に加わってくれていました。本当にありがとう!

35キロ地点の5キロのラップは何とか持ちこたえて27'31"、40キロでは28'03"まで落ちていました。

大きな高低差はないのですが、最後に来て何度も上り下りを繰り返し、ゴール直前でも橋を上りビッグサイトに向かっていきます。とにかく何度も練習したけりださないフォームを意識して、身体を前に進めました。

unnamed[1] (2)

結果です。

ゴールして、荷物を受け取り、リュックの中のものを探そうとしゃがみこんだところで足が攣りました。痛かった!


その後、藤原コーチにも電話で挨拶をして、応援してくれた友達と大井町の爆盛りの洋食屋さん「ブルドック」にてアフター!ビールを浴びるほど飲みました。メンバーの一人も先日の京都マラソンで、故障の後の初のサブ4を達成していたので、合同お祝い会で盛り上がりました。

2度目のフルマラソンは厳しかったです。昨年のような自由な気分で走れなかった気がします。先日の赤羽ハーフのタイムがよすぎたのかもしれません。でも、まだ2度目ですから、これから経験を積んで、もっと楽に走れるようになりたい。

昨年11月の湘南国際を断念して悔しい思いをし、今後フルマラソンが走れるようになるのかと思いながらも、ここまで来ることが出来て、本当に幸せだったと思います。それからやっぱり仲間と家族の支えって、本当にありがたいと思います。

たかだか趣味なのに大げさなって思うかもしれませんが、追い込むからマラソンは楽しい。


今シーズンはまだ多くのレースにエントリーしていますが、今年はこれで一区切りです。後のレースは人のペースメーカーやファンランに回ります。そして、来期に向けてまた走りこんで行きたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。