FC2ブログ

2014 三浦国際市民マラソン

フルの一週間後でしたから、欠場も考えたのですが、20キロの練習と考えて参加することにしました。


昨日はレアルパフォーマンスの富田先生より、だいぶ筋肉もほぐれているので大丈夫(だろう)とお墨付きをいただきましたが、調子が悪くなったら、どこかで足切りにあってもやむなしとも考えていました。

この通称三浦マラソンは、ハーフの足切りタイムが厳しくて、最終ゴールで2時間20分です。収容車に拾われたら、それはそれでラッキーと考えることにしました。


今回は三浦のみ走っている友達のSさんと一緒に参戦しました。彼女はサーフィン、アウトリーガーカヌー、ラン、水泳と、今はご主人の目を盗んでへそくりをためてロードバイク(とんでもなく高い自転車)の購入をたくらんでいます。自称「遊び人」の50代です。


1393746470469.jpg


ただ、2時間を切ったことがないとのことで、今回は頑張るとのことでした。



私の感想は、三浦はきつい。。です。アップダウンが今までの中では一番きつかった。まずは3キロくらいからの長くて急な上り坂が、1キロ以上続きました。アドレナリンが出る前の長い坂は結構きついもんですね。


さらに雨、寒い、風が強い。。


ウィンドブレーカーを着て、手袋の上にビニールの手袋をしました。この手袋はかみさんの毛染めの何というんですか、パッケージに入っていたものをもらいました。100円ショップの手袋は私には小さすぎるようで、これはベストフィット!しかしながら、8キロくらいのところで暑くなり、ウィンドブレーカーは腰に巻き、手袋は後生大事にウェストポーチにしまい、今はリビングで干しています(笑)


Sさんにも2時間を切ってほしかったし、引っ張る形で走りました。


Sさんも必死についてきてくれました。


結構恨まれたかも。。


中間地点で1時間20秒くらい通過しましたので、まずは貯金を作るためにちょっとペースを上げました。足は張っていましたが、結構大丈夫でした。が、その一方で、13-14キロくらいのところからアゲンストの強い北風を受けるようになり、思ったようにスピードが上がりません。でも、Sさんも必死でくらいついてくれて、最後の松輪漁港の坂を上り終えて、2時間切りは見えてきました。

この強い北風を受けて、また体が冷えてきたのですが、ウィンドブレーカーを着なおすのが面倒で、そのまま走り切りました。


私1時間55分47秒、Sさんも1時間56分台でゴールしました!

1393746454241.jpg


しかし寒かった!

収容車にも乗れなかった。。完走できてよかった。


やはり三浦マラソンの足切りは厳しいように思います。通行止めなどの事情もあるのは分かりますが、まだ相当多くの方がゴールの手前を走っていました。そして、すぐ路肩に上がってと言われてしまいます。もちろんエントリーの際に同意して、それに向かって練習して来いってことなのかもしれませんが、この天気の中、あとちょっとのところで足切りされてしまった人、本当にかわいそうでした。何とかならないのですかね。

完走率を聞いてみたいです。



三浦海岸ではいろいろイベントが行われていましたが、そそくさと着替えて、混んでいる三浦海岸を後にしてしまいました。天気が良ければ、いろいろ見て回れたのに残念です。


1393746410660.jpg


Tシャツと三浦名物の三浦大根ではなく、青首大根をいただきました。




2月の走行距離
168.56キロでした。


4月には焼津みなとマラソン(ハーフ)にエントリーしています。


今月からまた頑張ります。