FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京マラソン完走記2

25キロを過ぎて、もちろん初めてのコースでしたので、浅草までが結構遠く感じました。

実際に雷門が見えてくると同時に大歓声が聞こえてきます。すごい人。そして正面にアサヒビールの本社ビル、そしてスカイツリーがものすごく大きく見えました。自分の気持ちが高ぶっていたからでしょうか。

そしてまた日本橋を過ぎ、銀座に戻る道を走ります。30キロを過ぎても、まだ足は大丈夫でした。行けると踏んで、ここから少しペースを上げました。と言うより本当は20キロくらいから上げたかったのですが、なにせ人が多すぎてペースを上げられませんでしたが、30キロ地点からは相当歩き出す人も多く見られ、道も空いてきましたので、少しだけ走りやすくなったように感じました。

銀座の交差点を左折して、東銀座の歌舞伎座の辺りがちょっと下り坂になっています。ずっと先が見渡せました。

ここで42.195キロがあと少しで終わってしまうこと、練習を始めたころは1.5キロくらいで上り坂になると歩き始めていたこと、練習した近所の夜道、初心者相手に親切にしてくださった方々、いつものように飲みに行ってくれた友達のこと、応援してくれたブロ友さんの言葉、などなど思い出して、ちょっと涙が出てきてしまいました。感謝です。

Record Tokyo Marathon 2014 


30キロからキロ5分後半、35キロ過ぎてキロ5分前半まで上げることが出来ました。

30キロの壁は全くありませんでした。藤原コーチが関係ない、気のせい、僕なんか5キロから辛いとおっしゃっていましたから、やっぱり気の持ちようなのでしょうね。


最大の難所と言われていた佃大橋はかなりの傾斜の長い上りでした。さらに多くの人が歩いていましたが、ここでさらにペースを上げることが出来たのは、私のうちの近所に坂道が多く、なるべく負荷をかけて走る練習が出来ていたからかもしれません。まあ偉そうに言えるほどのこのもありませんね。あくまでも私の感想ということで。

この辺りで4時間10分を切ることを目標にしました。走りながら何となく計算したのですが、自分でも驚きの図々しいタイムでした。

Top Gear・韋駄天で練習されているIさん(サブ3.5)が春海橋の真ん中で応援しているからと連絡をいただいていました。久しぶりの再会でしたが、すぐ見つけてくださいました。まだまだはすっぱの私などにがんばれーと大声で声援をいただきました。寒いのに、ありがとうございました!

豊洲からはすぐに40キロで、本当に終わってしまうんだなーとますますさみしくなりました。

最後ビッグサイトを左前方に見ながら、ゴールへ左折。もう一キロもなかったのですが、長いような短いような。沿道の応援を受けて、一生懸命足を前に出しました。最後は右に折れるとすぐ大きなゲートが。。ゴールかと思いきや、そこが42キロ、その195メートル先に本当のゴールのゲートがありました(苦笑)

1393142089295-1.jpg 



その後、Finisherタオル、完走メダル、水やスポーツドリンクをもらい控え室へ。日比谷に応援に来てくれていたなべちゃんはゴールまで来てくれていたのですが、一旦中に入ってしまった私は外に出ることが出来ませんでした。

ありがとう&申し訳ない!

1393142033375-1.jpg 


本当に皆さんに感謝しています。

ひとりでは走ることは出来ませんでした。

それから、50過ぎて唐突に始めた趣味を受け入れてくれたかみさんにも感謝しています。

何年かかるか分かりませんが、これからは4時間切りを目指して練習を考えていきたいと思います。

ああっ、また深みに。。




PS 走る前、走った後に気がついたこと、よかったこと、失敗したことを「東京マラソン・傾向と対策」として近々まとめておこうと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。