FC2ブログ

東京マラソン完走記1

会社がとある団体のサポートをしている関係で何名分かの枠を付与されて、紆余曲折があり、初のフルマラソン参戦が決まりました。ずっと不安で不安でしょうがありませんでしたが、その日は来た。


新宿で会社のメンバーと待ち合わせたのが、7:30。全員と合流して、荷物を確認し、トイレを済ませて、8:00ちょっとすぎに待ち合わせ場所を出て、第2ゲートを通って手荷物検査を受けました。ここをクリアしたのが8:20ころで、8:30締め切りとなっている荷物を預ける場所に慌ただしく移動しました。5分前に荷物預けを完了、スタートの指定ブロックへ移動しましたが、ここへも大渋滞。8:45までにブロックに入らないと、一番後方のブロックからスタートになるようです。私はHブロックでしたが、8:30過ぎにブロックに入ることが出来ました。

Before start

ほっと一息。


開会式は遥か彼方のスタートゲートで行われていましたが、音声だけはスピーカーで流されていて、国歌斉唱では皆さん、きちんと姿勢を正して口ずさんでいました。すごく気持ちが引き締まりました。

遠くで豪放が聞こえ、9:10にスタートしました。歩きながら前に進み、意外に早く12分後くらいにスタート地点を通過しました。GPSウオッチもカウント開始です!


気温は5度程度だったようですが、風がなくスタート地点にたどり着くまでに防寒で身に付けていた貼るホッカイロとビニールのかっぱを脱ぎました。

私の都合の良いシュミレーションは、30キロくらいまでキロ6分で、3時間。うまく行けばそのまま走り、4時間12分、30キロで撃沈しても、4時間45分で終われるかなって考えていました。

一緒のブロックにいた同僚とはビッグサイトでの再会を誓い、新宿のガードした手前で別れました。

飯田橋まで下り坂が続いており、いろいろなところに絶対にペースを上げないことと書いてありましたので、キロ6分以上かけて辛抱しました。一度試走会で走っていましたので、とても気分が楽でした。

沿道の応援が全く途切れることがありません。市ヶ谷の防衛省の前では自衛官の方々の演奏がありました。これは本当にランナーの後押しをしてくれたと思います。ずーっと感動していました。あちこちで私設らしきライブもありました。

ただ、飯田橋にさしかかるころから両ももに張りを感じていて、もしかすると途中で撃沈するかもと嫌な予感がしていました。多分緊張から来たものだと思いますが、かなりあせっていました。

iPod NanoでNHK FMの東京マラソンの特番を聞いていました。

アップビートの音楽が気持ちを押してくれました。しかし、この特番も3時間程度で終わります。30キロ付近で「何とか喫茶室」と言う番組に。。しっとりと落ち着いたトーク番組。よく覚えていませんが、この件はまた後ほど(笑)


日比谷の交差点に1時間で着けば、トップのランナーとすれ違えると聞いていましたが、ちょっと遅かったです。

どこまで行っても、コースはひたすら渋滞しています。コースが比較的平坦なので記録が出やすいとのことですが、これは早い方の話だと思います。私は4時間45分を想定タイムとして提出しており、Hブロック。この前後はほぼ同じだったようです。

日比谷から品川で折り返す単調な道で、ここはさらにいっそう混んでいました。ここで先ほど先に行った同僚に追いつき、しばらく並走して、世間話をしました。彼は震災の当日、この道を歩いて帰宅していました。

折り返しの手前で私が前に出て、ビッグサイトまで会いませんでした。折り返してからの三田、およそ15キロ地点で一つ目のゼリーを摂りました。給水もほぼ全箇所でアミノバイタルとり、水はクールダウンのため、太ももとふくらはぎにかけました。今考えると、結局いつも感じない足の張りが慎重にスピード落とし、こうした思いつきのケアがよかったのかもしれません。

ここで沿道にいた応援の方々が差し出してくださるかりんとうや飴玉をいただきました。

楽しいし、気分も上がってきます。

20キロをすぎて、日比谷の交差点へ。ここにはものすごく多くの人が応援に来てくださっていました。と、そこに来てくれるとは言っていたウィンド友達、最近は一緒に皇居ランもしているなべちゃんと多分奥さんの顔が目に飛び込んできました!これはうれしかったです。なべちゃーんと声をかけ、気がついてくれました。写真を撮ってくれていたようなので、一瞬立ち止まりましたが、思いっきり気分も上がり、走り始めました。そしてすぐに銀座へ。これはすごい。こんな車道を歓声を受けながら走る幸せ!

Map.png
地図はこちらから


日比谷からは初めてのコースです。ここからも施設エイドのオンパレードで、なんと一口サイズのロールケーキもこの辺りでいただきました。銀座の中央通をぬけて、浅草雷門へ向かいます。乾燥した梅干し、レモンのスライス、みかん、沿道の私設エイドからいろいろいただきました。

来年はこうした応援団で参加しても面白いと思います。


続く