FC2ブログ

愚痴なんですが

昨日はピザーラカップも中止になるほどの荒天でした。


私は、個人で震災復興のために、荷物搬送のボランティアをされている方のお手伝いに行ってまいりました。被災地で必要とされているもので、宅配便などだと送れないような比較的大きなものをトラックで搬送していらっしゃる方なんです。先月は私の父の使っていたベッドを運んでいただき、本当に助かりました。

その時は横浜近郊でちょっとだけしかお手伝い出来なかったのですが、今回は朝、都内某所で待ち合わせて、都内から神奈川県内をトラックで周って、荷物を積込みました。小さめの食器棚や冷蔵庫、ソファー、ボランティア団体が集めたタオル2000枚などなど。。


やはり取りに伺うお宅は、震災のことを考えて品物の供出してくださる方々なので、本当に感謝してくださいます。私たちが限られた時間で多くのお宅に伺うことをお伝えしてあるので、品物は梱包して、玄関先に出しておいてくださいます。お茶を下さったり、おにぎりを渡していただいたりして、本当に忙しい一日でしたので助かりました。


そして温かい言葉が励みになります!


DSC_0099.jpg
靴もびしょぬれ


でも。。

心が折れることもあります。


本来だったら、そこまでは行かないだろってな所にあるお宅に伺ったときの話です。


そのお宅はちょうど通りのカーブしたところにあり、危ないので数百メートル離れたところにトラックを停めざるを得ませんでした。もう真っ暗で、雨足も強まったころでした。


お宅に伺うと、玄関で奥さんが「ソファーは2階にあるんです。お上がりください」

私たち「えっ?」


そしてそのソファは2人がけですが、結構大きな代物です。

ソファを運び出そうとすると、部屋から出すのも結構大変でした。で、階段。。どうやって持ってきたのってな感じです。ご主人は「買ったときは通ったし」とおっしゃる。私たちはプロではないので、どうしようか、あっちに向けたり、こっちに向けたり。。


結局何とか2人で降ろすことが出来ました。もちろんご夫婦も後を追ってくれていましたが、私たちは玄関からずぶぬれになってソファをトラックまで運びました。


我々って専門の業者でもないし、なんでここまでしなければならないのか悲しくなりました。

もちろん、その方々も何度もありがとうございますとは言ってくださいましたが、それは無料で自分たちでは動かせない、不要なものを持って行ってくれるからと聞こえました。


まだ心が狭いですね。。いかん、いかん。


でも、また次回もお手伝いしまよ。もちろん!


今日は寝たきりおじさんをしておりました(苦笑)