FC2ブログ

東北地方太平洋沖地震

 昨日の午後、金曜日で仕事もひと段落していたので、あとはのんびり週末をとのんきなことを考えていました。


その時は来たのですが、長い時間のあまりの揺れに、本当に最期なのかと思ったほどでした。その後、何度か大きな揺れが来るたびに、机の下にもぐりました。幸いなことに会社はほぼ無傷でしたが、すぐ下に見える東京駅からは多くの人が出てきて、皇居の前にも多くの人が集まっていました。有明方面には大きな火の手が上がっていました。これはオイルのタンクが炎上していたそうです。他の方角でも黒煙が上がっていたりして、現実に起きていることとは思えないほどでした。


すぐにJR、すべての公共交通機関がとまったのは分かり、付近の道路渋滞が始まりました。ビルの地下にある食料品売り場に行って、食糧を買い込みました。私はエレベーターが復旧してから下りたのですが、地下のフロアは駅からなのか、寒さをしのぐためでしょうか、ビルに立ち寄った人たちでいっぱいになっていました。


他の国の同僚からは心配してくれているメールと電話どんどんが入ってきました。本当に心強かったですね。オーストラリア、シンガポール、韓国、インド、ヨーロッパ、深夜から早朝にかけてのアメリカからも。リアルタイムで映像が流されていたようです。


東北地方の津波の壊滅的な影響を見るのは大変忍びないです。


かみさんは最近、週に2日ほど東京でアルバイトを始めました。たまたま、昨日はかみさんの仕事の日でしたが、すぐに電話がつながりました。今回の地震では私の携帯は比較的つながりやすく、社内でも大活躍しました。私たちは本当にラッキーだった思います。しばらくたって、唯一東海道新幹線が動き出し、かみさんとホームで待ち合わせて新横浜まで向かうことが出来ました。新横浜からは2時間半ほど歩きましたが、被災地の方に較べたら、どうと言うことではなかったですね。


深夜、我が家にたどり着きました。納戸になっている部屋の棚の上に積んでいるものが落ちていた程度で、家の中はほぼ無傷でした。2にゃんも玄関で待ってくれていました。


うちから車で10分ほどの実家には、しばらく電話がつながらなかったのですが、夜遅くまで停電だったようです。呼び出し音だけなるのはちょっと怖かったです。そばにすむ家族、親戚もみんな無事でした。


被災地の被害を受けた皆さまにお見舞い申し上げます。一刻も早い復旧をされますよう、お祈り申し上げております。