FC2ブログ

機内で観た映画

この間の出張では、機内で映画を4本観ました。



行きの飛行機は深夜発でしたので、時差ぼけ対策にそのまま何とか寝ないで、現地に着いて寝られるように必死に映画を観ようと試みました。しかしながら、機内でサーブされるおいしいお酒をしこたま飲んで、うかつにももうちょっとで終わりというところで爆睡してしまいました。


その映画は。。


bushinokakeibo.jpg

以前、Okaさんにご紹介いただいた映画で、結構面白かったです。淡々と物語りは進んでいきますが、時代物として題材が新鮮でしたね。

結局、帰りの飛行機で観たところは早送りにして最後を確認しました。


そんな訳で、行きの飛行機は0.8本でおしまい。


帰りはとにかく時差ぼけを早く解消するために、一睡もしないで12時間をすごしました。現地発が18:00で、羽田に着いたのが22:30分。ひたすら本を読み、音楽を聴き、映画を観ました。


日本では封切前の映画も観ることができました。


wallstreet.jpg

あまりよく知らなかったのですが、今テレビで宣伝していますね。マイケルダグラスが出ていたので観てみましたが、すっごい期待はずれでした。なんじゃ。。って感じ。。あっ、でも人それぞれだと思いますので。


全然、お勧めしません。って、はっきり言えちゃいます。

だから何だよ!お金を払っていたら、怒ったかも。

あくまでも私見ですので、ご容赦ください。



social network

その次はソーシャルネットワーク。日本ではあまりポピュラーではないですが、FACEBOOKの創始者の物語でした。

まっ、こんなものなんでしょうかね。でも、それでおしまいかい!

ふ~ん。


最後に観たのは、数年前の邦画でした。


k-20.jpg


金城武が主演していたK-20。これは怪人20面相の物語なんですが、結構よく出来ていましたね。松たか子もよかったです。


こうやって考えると、今やアメリカの映画ってもう魅力がないのかも知れません。忠犬ハチ公がリチャードギアの主演になって、ハリウッドで作られるわけです。そんな程度なのかもしれません。


日本の映画のクオリティーって、そこそこ高いのではないでしょうか。ストーリーもうまく構成されているなと思いました。



自宅に着いたら、早速サッカーアジアカップの決勝戦がありました。うとうとしながらですが、日本が勝ったことを確認して眠りにつきました。


こいつも徐々にワールドクラスに近づいているのかもしれません。まだまだだとは思いますが。



しかし連日テレビや新聞を騒がせている大相撲の八百長問題は、別の面の日本のよき伝統を踏みにじっていて、悲しい限り。日本人、しっかりしろよと言いたいです。