FC2ブログ

第一回一色グランプリ SUP

そんなお誘いをいただいていましたが、しっかり昨日も出発のご連絡をいただいていました。


本当かとも思いつつ、9時ちょっとすぎに艇庫には皆さん(4人)がそろっていました。まずは発起人、兼大会実行委員長のKっちゃんからルートのご説明と開会式(笑)

PB130095.jpg

ちなみに昨晩は仕事帰りに艇庫のN嶋さんに拉致されて、そのままお泊り。二日酔いで朝食。Hさんの奥さんはやる気満々で絶好調でした。私のテンションはかなり低め。


何故かといえば、その距離。。


map.jpg

6キロ程度らしいのですが、走るのだってそれなりに疲れる距離をダップでこいで行くって。。


その前にAPECのファーストレディーが鎌倉観光ため、艇庫の前を通るというので、みんなで見物~。おまわりさんも今どこら辺にいると教えてくれるんですよ。

で、準備万端。小銭も準備!

最近、艇庫のダップの会員になったというIさんも拉致されて、グランプリにエントリー。。

PB130121.jpg

Hさんの奥さんはハンデキャップ15分。Kっちゃんによるとそれでも追いつけるとか。。15分後にはもう見えなくなっていましたけど。

それでも行きは北のオフショアの風に背中を押されて、写真を撮っている余裕がありました。Kっちゃんはすぐはるかかなたに消えていきました。

PB130123.jpg
名島の鳥居





PB130125.jpg
到着の絵

Kっちゃん45分。早すぎです。残りの我々は50分くらいで一色海岸に到着。汗だくでした。


水分補給をして、20分くらい休んだでしょうか。帰路に着きました。もちろんダップでです。

PB130127.jpg


この先、どんな地獄が待っているかも分からずに、一色海岸を出て行くところまでは写真など撮っていました。


PB130133.jpg 
江ノ島を望む


この後、森戸、逗子の沖は5点台でプレーニングできるほどのオフショアの風。いくらこいでも進みません。遠くに見える大崎や逗子マリーナが全然大きくなってきません。目の前を釣舟が通ったときなど、そのまま乗せていってほしかったです。。当然こいでいる手を止められません。とめたらあっという間に沖に流されます TT

大崎を越えたところで、風がなくなる。。あ~、助かった(大げさ)。


結局1時間半もひたすらこぎ続けました。全員がそろったのが2時過ぎていました。


全員精根尽き果て、お腹も減り、反省会に向かった先はゆうき食堂でした。まずはビール!

PB130134.jpg 


例のように私は地だことわらさの2品お刺身定食。

PB130138.jpg 

たこは足が3本!みんなで分け合って食べることが出来たので、いつものようにあごが痛くならずにすみました。

満足してちょっと元気になると、次回のグランプリの話題に。江ノ島という話になっていますが、もう一回ゆっくり考えたら、果たして実現することになるのか?

あ~、食べた、疲れたと艇庫に戻りましたが、さらなる反省会を鎌倉駅前の居酒屋で(笑)。。


皆さま、お疲れ様でした。

さあ、寝ます!



明日の釣りは断念しました。