FC2ブログ

マックスのこと

今日はひめこと一緒にやってきたマックスの命日です。

あれから2年かあ。


白血病とわかって、毎日病院に通うため、朝はかみさんが病院につれいって、帰りは私が早く帰宅して、車でマックスを迎えに行きました。マックスのために早く帰ることができるように、会社には8時前につくように出勤したのですが、それも10日ほどのことでした。それほど、発病してあっというまに天国へ行ってしまいました。毎日、絶対よくなると信じて。。

たった10日ほどのことでしたが、今もその習慣は続いています。マックスが早起きにしてくれたんですよ。


DSCN0895.jpg



甘えん坊で、いつも楽しそうな顔をしていました。

兄弟の中でも一番大きかったので、ボランティアさんのお宅では「会長」くんと呼ばれていました。

すくすく育って、名前のとおり6.5キロのマックス!になりました。

ひめこが大好きで、いつもうしろをくっついていました。ひめこもまくちゃんのことを頼りにしていたようでした。天国に旅立ったのは深夜2:30ころ。その前夜は白血病の検査のためにCTスキャンを夜間病院に撮りに行ったのですが、寒い一日で、病院に出かける頃には細かい雨が降っていました。

同じくCTを撮りにきていたレトリバーを連れた家族がケージに入ったマックスを見て、きれいなニャンコですねって誉めてくれました。

最期はかみさんと私で懸命にマックスの名前を呼びましたが、その願いもむなしく息を引き取りました。ひめこは私たちの周りで、本当に心配そうにしていました。1歳半の生涯でした。


070826_2056~02




お医者さんには感染している可能性が高いと言われていたのですが、その後の検査でひめこには感染していませんでした。本当に最後の最後までいいやつでした。きっと、次のお友達が来てもいいように気を使ったんだと思います。

そんなやつだったんですよ!

その後のひめこの落ち込みようがひどく、2ヶ月たたずに里親探しのHPでお友達を探しました。


れおはある日、餌やりボランティアさんの前にふらりと現れて、保護されたんだそうです。1歳程度と言われていたのですが、ノミもついていなかったので、きっと捨てられたんだろうとのことでした。


IMG_0489.jpg




きっとまくちゃんが連れてきてくれたんだと思います。なっ!


日曜日にお墓参りに行ってきます。