レース

3シーズン目の備忘録

2015年シーズンどれだけ走ったのかなって思い、GW最終日にまとめてみました。

だいたいこのブログを開くこと自体、2年ぶりか。

では、

2015年
10/18 甲州フルーツマラソン(10キロ) 0:49:24
11/01 南魚沼コシヒカリラン(ハーフ) 1:55:49
11/22 よこすかシーサイドマラソン(ハーフ) 1:38:44
12/06 湘南国際マラソン(フル) 3:40:42

2016年
1/24 湘南藤沢市民マラソン(10マイル) 1:13:20
1/31 新宿シティーマラソン(ハーフ) 1:38:31
2/7 神奈川マラソン(10キロ) 0:43:26
2/28 東京マラソン(フル) 3:32:01
4/10 焼津みなとマラソン(ハーフ) 1:37:05

フル2本、ハーフ4本、10マイル1本、10キロ2本でした。

その他、平塚リレーとか富士山麓トレイルランにも参加、フルで3時間40分を切ることを目標を達成できたので、よいシーズンだったと思います。
スポンサーサイト

横浜マラソン速報 1日遅れ

目標はラッキー給食全品制覇でしたが、なかなか見つけることが出来ませんでした。

崎陽軒のシュウマイとありあけのハーバーが。。パウンドケーキ、月餅はしっかりげっとして、ゴールした時もお腹が全然減っていませんでした。

ネットで3:57'45"でゴール!

キロ6分で4時間以上想定していたのですが、最後がんばると4時間切れるかもと、最後の5キロでキロ5近くまで上げてみました。

終わってからは、太古の湯まで行って、宴会!楽しい一日でした。

コースの感想はまた後日!

横浜マラソンまで1週間

東京マラソンを走って、あっ言う間に2週間たってしまった。


先週は土砂降りの雨の中、三浦国際市民マラソンでハーフを走り、これは調整だったのでぎりぎりグロスで2時間切るくらいでした。

まだ、東京マラソンの疲れが抜けていない感じ。昨日は横浜マラソンで主催者側がコースの目玉と言っている首都高湾岸線の高速10キロ区間を車で視察してきました。

21キロくらいで高速の料金所に上って行ったあと、緩い上りと下りの繰り返し。海側に見えるのは延々と工場でした。最後の本牧ふ頭のところで、遠くにベイブリッジが見えました。個人的にはいじめ以外の何物でもないように思えました。

その後はマリノスタウンで8キロペース走。

お昼はすぐそばの横浜中央卸売市場のもみじやで、ネギトロ丼で養分を補給してきました。

今日は11キロのジョグ。

東京マラソンの後、かかとの具合も微妙なんですが、何とかこの一週間で疲労を抜いて、フルとなって初の横浜マラソンを完走したいな。

東京マラソン完走記2

26キロ地点に移動してくれていた仲間には、まだ余裕な顔で手を振って応えました。

そこから数キロ先の浅草雷門を右折するところで、昨年は正面に見えるスカイツリーに心から感動しましたが、今年はなんと言うか、苦しさを紛らわせるための感動の風景となりました。苦しいといっても、心拍は160くらいをキープしていましたので、足が前に出ないといった感じでした。

ところで、東京マラソンに備えて新兵器、腕につけるだけで脈拍が分かるGPSウォッチ、エプソン810Fを購入していたのでした。これは非常によいです!

30キロを過ぎて、かなりしんどくなってきました。周りでは立ち止まる人もだいぶ多くなってきました。とにかく腰の位置を高くして前傾を保ち、推進力のあるフォームを心がけました。絶対に止まらない、歩かないと言い聞かせながら、日本橋から銀座の大通りに出ましたが、ずっと先まで見える景色が辛かったです。

そのころ、思わぬところで私の名前を叫ぶ声が聞こえました。同じ練習会に参加している別の仲間3人が私を発見して、大声で励ましてくれました。これは助かりました。力をいただきました。その応援を力に銀座から東銀座に向かい、35キロを過ぎて最大の難所とされる佃大橋に差し掛かりました。

昨年はここを余裕で駆け抜けた記憶があります。が、今年は足を止めないのが精一杯でした。とにかく足を止めたら、足が攣って動けなくなりそうな感じでした。絶対止めないように足を前に出しました。

で、36キロの佃大橋を上りきったところで、朝から幟を持ってずっと応援してくれている仲間を再度発見!さらにもう一人応援団に加わってくれていました。本当にありがとう!

35キロ地点の5キロのラップは何とか持ちこたえて27'31"、40キロでは28'03"まで落ちていました。

大きな高低差はないのですが、最後に来て何度も上り下りを繰り返し、ゴール直前でも橋を上りビッグサイトに向かっていきます。とにかく何度も練習したけりださないフォームを意識して、身体を前に進めました。

unnamed[1] (2)

結果です。

ゴールして、荷物を受け取り、リュックの中のものを探そうとしゃがみこんだところで足が攣りました。痛かった!


その後、藤原コーチにも電話で挨拶をして、応援してくれた友達と大井町の爆盛りの洋食屋さん「ブルドック」にてアフター!ビールを浴びるほど飲みました。メンバーの一人も先日の京都マラソンで、故障の後の初のサブ4を達成していたので、合同お祝い会で盛り上がりました。

2度目のフルマラソンは厳しかったです。昨年のような自由な気分で走れなかった気がします。先日の赤羽ハーフのタイムがよすぎたのかもしれません。でも、まだ2度目ですから、これから経験を積んで、もっと楽に走れるようになりたい。

昨年11月の湘南国際を断念して悔しい思いをし、今後フルマラソンが走れるようになるのかと思いながらも、ここまで来ることが出来て、本当に幸せだったと思います。それからやっぱり仲間と家族の支えって、本当にありがたいと思います。

たかだか趣味なのに大げさなって思うかもしれませんが、追い込むからマラソンは楽しい。


今シーズンはまだ多くのレースにエントリーしていますが、今年はこれで一区切りです。後のレースは人のペースメーカーやファンランに回ります。そして、来期に向けてまた走りこんで行きたいと思います。

東京マラソン完走記1


前日の天気予報では朝から小雨が降ったりやんだり。午後からは春一番の強い南風が吹く予報でした。

どうしようもない天気をあれこれ考えてもしょうがないし、雨や風もマラソンと考えることにしました。すると結構気って楽になるものですよね。

前の晩は22:00に就寝しましたが、最初に目が覚めたのが0:20で、あまりよく寝付けませんでした。結局4:00過ぎには起きだして準備。

小雨が降っていましたね。

食事はスタートの3時間前の6:00までに食べ終わろうと思っていたのですが、さっさと5:00過ぎには食べ終わっていました。おなかが減らないように電車の中で食べるおお餅も4枚焼いて、ラップにくるんだのですが、結局これは食べずじまい。A4の紙に忘れ物がないようにチェックリストを作っておいたので、再度確認をして、予定の電車に乗る30分前に自宅を出発しました。

新宿の駅には7:20に到着して、会社のチャリティー枠で走る仲間と落ち合い、荷物の再確認やたわいもない話でちょっとリラックス!集合場所を出ると雨がやんでいました。


今年はテロ対策と言うことで、出発ブロックごとに安全チェックが行われ、ちょっと早めにゲートに向かったつもりでしたが、スタートがFブロックの私は、はるかかなたのゲート、安全チェックにも長蛇の列でした。荷物預けがぎりぎり8:30、すごい混雑の中スタートブロックに入ったのは指定時間期限の5分くらい前、8:40分くらい、ぎりぎりでした。ちょっと冷や汗!

スタートに並ぶと、気分が高まってきました。やることはやったんで、とにかく計画通りにと。

舛添都知事の挨拶と国歌斉唱があり、9:05分に車椅子部門がスタート、9:10にマラソンのスタートです。

予定のレースペースはキロ5:20、最後の10キロで上げられたらなるべく5分近くまで上げられたらいいと考えていました。でも、あくまでも目標は4時間以内で完走でした。

スタートしてからしばらくは混雑しています。下り坂が続くので、ここはじっと我慢をして、最初の5キロは27'30"、次の5キロも27'20"で入ることが出来ました。10キロちょっと手前の日比谷通りで仲間が待ってくれていました。

手を振って応えました!

unnamed[1]


これは仲間の一人が録画しておいた中継を送ってくれたものなのですが、藤原商会の幟が全国区のテレビに大々的に映っていました!

ますます身体が軽く感じられ、10キロ辺りからキロ5分10秒から20秒で行こうと決めて、ちょっと上げてみました。

日比谷の交差点では、昨年は見ることができなかった先頭集団とすれ違い、そのスピードに圧倒されながらも、品川の折り返しからもまだまだ余裕がありましたね。日比谷の交差点に戻り、そのちょっと先の中間地点では、「さっ、もういっちょハーフマラソンを走ってくるか!」みたいな余裕もありました。1時間50分ちょっとだったかな。

銀座4丁目の交差点を曲がって、曇ってはいましたが空を見上げて、東京マラソンを走れることに感謝しました。仲間、コーチ、それから毎週土日に練習会に行って、酔っ払って帰ってくる夫を快く(かどうかは分かりませんが)送り出してくれるかみさんにもありがとうと言いました。

さあ、皇居前で応援してくれた仲間が幟を携えて移動して、26キロ地点にいるぞ!と考えていたところ、ちょっと苦しくなってきました。20-25キロのラップが26分8秒に。。


続く
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。