その他

福島に行ってきました

ちょっとご無沙汰してしまいました。


先週の14、15日に福島の原発事故の制限区域内に残された動物の保護をしているにゃんだーガードにお邪魔して、お手伝いをしてまいりました。公私ともにばたばたしていましたが、ようやく休暇が取れて、現地に赴くことが出来ました。車を飛ばして、ちょうど4時間ほどでした。


DSC00128.jpg



初めてのお手伝いなので、要領もよく分からない中、みなさんにご指示をいただき、わんにゃんのお世話、主な仕事はシェルターの新しい倉庫を作るDIYがメインとなりました。取りあえず、2階の床をはったり出来ましたね。


DSC00127.jpg



今回、福島に行くことが出来て本当によかったなと思ったのは、ボランティアさんに普段の生活をふくめて、被災地のお話を直接聞けたことでした。

Tさんは東京でのサラリーマン生活を終え、やっと念願の畑仕事が出来ると福島に拠点を移して生活をされていたんだそうです。それがこの原発事故ですべてが水の泡となり、今出来ることを探して、にゃんだーガードでお手伝いをされていました。


DSC00045.jpg


初めて見る線量計。。原発から近いところにいらっしゃる方も、何十キロもはなれた所に住んでいる方も、これを持って生活しているんですね。

倉庫作りをしている最中には、向かいのお宅では屋根に登って除染の作業が行われていました。たった2日間の滞在でしたが、多くの事実と現状を知り、考えさせられました。


経済的な事情もあるかもしれませんが、同じ国内であのような事態になっている土地があって、何の原因究明もなされていない中、関西では大飯原発の再稼働が政府の判断で行われようとしていることに大きな疑問を持ちます。そして、先日は国会や首相官邸の前では大きなデモも行われているのに、メディアのニュースでは数百人ほどのデモとだけしか伝えられない。そんなことでいいのかな。


立入り制限区域内で保護された雪ちゃんです。私の足の上に乗って、くつろいでいました。


DSC00063.jpg 


雪ちゃんは後ろ足を一本失っています。からすに襲われて、瀕死の状態だったんだそうです。からすにとって子猫は絶好のターゲットになっていて、でもそれは制限区域内ではからすも生き残るのに必死なんですよと教えられました。


雪ちゃんは同じ日にボランティアに来ていた方に引き取られることが決まっていました。



スポンサーサイト

めがね

中学生の頃から近視と乱視で眼鏡着用の生活を続けてきましたが、ここ半年くらいは会社や電車の中で眼鏡をデスクの上に放っておいたり、頭の上に載せたりすることが多くなりました。



会社では「コンタクトにしたんですか」と聞かれることも多く、隣で部員が老眼でーす、といらないことを言うんです。


うちにいる時は新聞を読みながら、ちらちらテレビを見ることが出来なくなりました。


意地でも遠近両用の眼鏡を作ることを、自分の中で拒んできましたが、この不便さには耐えられなくなってしました。


ベッキーが宣伝している眼鏡市場のものすごく軽いという眼鏡にもちょっと興味がありました。



DSC02505.jpg


とうとう買ってしまいました、遠近両用。。眼鏡市場のこれは、たしかに軽い。プラス、レンズに追加料金なし!


感想は、

いい、すっごい便利です。今までの生活に戻った感じです!

どうせなら、近視が治ってくれれば、眼鏡をかけなくていいのに。



DSC02509.jpg


昨日の雨の後、すっかり涼しくなりました。

このねこは暑くても涼しくても、毎日同じところで寝ています。


お知らせ

もう先週のことになりますが、6月1日に父を亡くしました。


会社に連絡が入り、実家に駆けつけましたが、すでに息を引き取っていました。ベッドの中で眠ったまま、苦しむこともなく旅立ったようです。そのことだけが、私の救いでした。几帳面な父親でしたので、家の中の二つのカレンダーは6月に変わっていて、用事がある日には丸の印がついていました。


父は建築家でしたが、10年ほど前に脳梗塞を患い、足が不自由になってからは、仕事の一線を離れて、絵を描き、好きな本を読んで暮らしていました。書斎の机の上には「震災サバイバル」何とかと言う本が置かれていました。こんなことになるとは思わず、前日は寝たんだと思います。


月曜日に告別式をすませましたが、私はこれから数ヶ月、まだまだやらなければならないことが多く(何をしていいかも分からず)、しばらく「遊ぶこと」とブログも小休止とすることとしました。


葬儀にはウィンドの仲間が駆けつけてくれました。本当は父の仕事関係、同級生だけで葬儀を行う計画だったのですが、そんな仲間の顔を見た時は、本当に胸が熱くなり、そして元気づけられました。ありがとうございました。会社の仲間、学生時代の仲間にも本当に感謝です。


皆さまのブログには、ちょくちょくお邪魔しますので、その節はお相手、よろしくお願いします。


私は思いのほか元気にしており、昨日から会社にも出社し始めましたので、ご心配は無用です!



自粛という二次災害

この週末は南部美人を飲んで、復興のお手伝いをしてきます。

ボランティアが出来ないので、少しでも協力したいです。


土日と花見に行っときます!





飲めばいい、二日酔いになっても来週の月曜日は有休を取ることになったので、大丈夫です。まっ、年なので相応とにしときます。


Mac Book Pro

何となく落ち着かない忙しい日々が続いていたけれど、本当に普通に過ごすようにしようと決意。


もともと買う予定にしていたPCを買いに行ってきました。

ウィンドウズからの乗換えをなかなか決心できませんでしたが、一度は挑戦と思い、とうとうMacを手に入れました。


DSC02197.jpg

デザイン重視で、2月にニューモデルが発売になった13インチのMac Book Proにしました。



DSC02210.jpg


ワイヤレスLANもすぐつながり、セットアップも簡単でした。

ブラウザは使い慣れているChromeをすぐにダウンロード。キーボードの扱いは慣れていませんので、つまずくたびにネットで検索しますが、必ず答えがありますから便利です。

思ったよりも簡単に操作できますね。しばらくマニュアルを読みながら、いじり倒します!


今、全国で消費が落ち込んでいるようです。これはこれからの日本の復興には結びつかないと思ったのです。皆が同じように自粛してしまったら、消費税が払われなくなって税収が落ち込みますよね。


ちょっと別の考え方になりますが、私が政治家だったら、復興だけのために使う消費税を導入すると思います。ガソリンの暫定税率なんて、当初民主党が反対していた税金がありますが、そんなのは復興の邪魔になるので撤廃、復興暫定消費税はいいとおもうんですよね。現在、外国の投資家は日本の行方を見守って、お金が止まってしまっているのですが、この税金を導入すれば、おおっ、これは思ったよりも復活が早いと判断して、外国からの投資も入ってくると思います。

ちなみに食品や子供の服などのようなものって、イギリスなどではちゃんと消費税がかからなくなっているんですよ。

ガソリン値下げ隊はどこへ行った?


被災地でない東北の酒造メーカーの社長が、間接的な被災があると話していました。そのメーカーは被災したところにあったいくつかの酒造メーカーの従業員を、復興するまでの間、雇用しようと考えているんだそうです。が、今回の震災の後の買い控え、自粛ムードでそのメーカーのお酒が売れなくなってしまって、お金が入ってこないので雇用を増やせるのかどうかぎりぎりの状態なんだそうです。

やはり、経済を活性化させるために、被災しなかった人たちが普段の生活に戻ることが大切ですよね。お酒も東北のものを飲みましょう!ちなみにその酒造メーカーは「南部美人」を造っている会社でした。


DSC02198.jpg


あっ、ひめちゃん。。そんなに早く踏みつけなくても。。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。